月別アーカイブ: 10月 2017

木下大サーカスの無料招待券で楽しめる座席とは

木下大サーカスの無料招待券で楽しめる座席とは

木下大サーカスは、100年以上の実績がある日本を代表するサーカスの1つです。

 

動物による曲芸や、空中ブランコなど昔ながらの日本の伝統芸を保ちながら、さらに新しいものを取り入れる試みも行っています。

 

海外公演も行っていますが、基本的に日本国内で移動公演を行っています。

 

1回の公演で約1000人の観客を動員することができますが、チケットには指定席と自由席などの区別があり、それによって料金や座席も異なってきます。

 

木下大サーカスは、スポンサーなどの関係者に無料招待券を配ることがありますが、無料招待券の場合は基本的に座席指定番号の記載がないときは、自由席で楽しめるようになっています。

 

自由席は決められた席がありませんから、早めに入場した人から好きな席に座るようになっています。

 

1回の公演では、ステージを中心にして、リングサイドA~Cの座席が販売されます。

 

リングサイドの席は、ステージがとても近いため、ショーを間近で見ることができることから迫力を感じることができます。

 

ただリングサイドの席は座席番号が指定されたチケットとして販売されるので、無料招待券の場合は料金の差額を支払わなければ席を確保することができません。

 

木下大サーカスは良い席から売れていきますから、比較的早い段階でリングサイドの席は売り切れてしまうことが多いです。

 

そしてリングサイドよりもさらに後ろの席になるのが、ロイヤルブルーとロイヤルイエローの席です。

 

ロイヤルブルーはリングサイドよりも後方に位置している座席ですが、ステージの全体を正面から見ることが可能です。

 

ロイヤルイエローは、ロイヤルブルーのサイドの席になりますから、ステージを正面からではなく少し斜め方向から見ることができます。

 

そして、ロイヤルイエローの横の席が、自由席となり、かなり広いスペースを確保されています。

 

木下大サーカスの無料招待券ので楽しめる座席は、基本的に自由席になっているので、ステージを横から見る席になります。

 

自由席は他の席と比べると、後方に位置しており、斜めから見ることになりますが、傾斜をつけてありますからステージを見る分には問題ありません。

 

サーカスはどの席でも楽しめるように工夫されているので、ステージ上だけでなく空中を使った技などでは後方から見たほうが楽しいこともありますし、横から見ることによって出演者の様子なども楽しめるという魅力があります。

 

無料招待券で楽しんでもいいですし、差額を支払って座席をグレードアップすることも可能です。

木下大サーカス座席表